勃起障害による男性の悩みはとても深刻なものです。また恥ずかしく病院へ行けないなどの悩みをもつ患者も多くいらっしゃいます。当サイトでは勃起障害の原因や治療方法について詳しくご紹介しております。

勃起障害の原因究明

勃起障害に悩んでいる方は精力剤で持続力を高めよう

勃起障害といえば第一に勃起力の低下を連想するはずです。
半立ちで挿入が難しい、挿入中に中折れする、といった状態が勃起障害なのです。
性欲を感じて事に運ぼうとしたとき、肝心のペニスが言うことを聞かないようでは困ります。

勃起障害のとき効果を発揮してくれるのはED治療薬ですが、精力剤のほうが向いている方もいます。
勃起力は平均程度であり、体力が衰えていて性行為の継続が難しいような場合です。
勃起力が正常なら勃起障害とは言えませんが、性行為がうまく行なえない点については同じです。
そもそも、どんなに勃起力が強くても、性的欲求が起こらなければ性行為には発展しないでしょう。
性行為において大切なのは、勃起力と精力の2つなのです。

精力剤は体力を増進して持続力を高めてくれます。
持続力の低下を実感するのは、一般的に30代半ばくらいからです。
30代も半ばになると、加齢による精力減退が気になる方も増えてくるでしょう。
それに伴い持続力も短くなり、ピストン運動を続けるのが大変になります。
体力低下により性行為に支障が出るようなときは、ED治療薬よりも精力剤が適しています。

勃起障害を克服するためには、精神の安定も必要となります。
精神状態がアンバランスだと、ペニスにも影響するのです。
クリニックでED治療をするとき、精神安定剤の処方を受けることがあります。
悩みや不安を抱えていると、ペニスの機能も低下してしまうのです。
メンタルの影響により発症するEDを心因性EDと呼んでおり、この症状も30代から増えてきます。
精力剤にはストレス解消成分を配合したタイプもあり、心因性のEDに効果的です。
ストレスを抱えている方は、ストレス解消から始めるといいでしょう。